あなたは今こんな状況ではありませんか?

  • 片思いの彼にメールをしても、なかなか返事が返ってこない
  • 合コンで知り合った男性は、私の友達ばかりにメールをしている
  • 自分に自信がないので、相手の男性が自分に振り向いてくれるか不安
  • 大好きな男性には、全く相手にされない
  • 好きな彼とは、いつも体だけの関係だけで終わってしまう
  • 好きな人はいるけど、交際するきっかけが掴めない
  • 大好きなあの人に告白したいけど、フラれてしまいそうで自信がない
  • 大好きな彼は自分を友達の一人としてしか見てくれない
  • 大好きな彼には、彼女が居る

現在、あなたがこのような状態で幸せを掴めずに悩んでいるかもしれませんが、大好きな彼を振り向かせ、あなたを惚れさせる事はとても簡単な事です。

当サイトでは、恋愛相談で常に上位にランクインする『片思いの彼に対してのメールの送り方』を紹介しています。

メールの頻度や回数、メールの内容など紹介していますので参考にして下さい。

もし、あなたが本気で大好きな彼と交際したいという気持ちがあるなら全力で応援します。

メールの頻度

『大好きな彼に自分のことを知ってもらいたい。』

『多くの時間を私に使ってほしい。』

『メールをしてる時間は長い方が良い。』

 

このように思っているようでは、なかなか大好きな彼をあなたのものにするのは難しいでしょう。

メールの回数は多い方が良い。

これは間違った考え方です。あなたの欲求のままにメールを送信してしまうとうまくいきません。

 

じゃあメールをする頻度はどれくらいがいいの?

 

メールの頻度は多からず少なからずというのが正解です。

非常に曖昧な答えになってしまいますが、その詳細を知るとなるほどと思うでしょう。

 

適当な頻度でメールを送る』というのは、均等な間隔でメールを送るという事とは全く違います。

多い時には頻繁にメールを送り、少ない時には全くメールを送らない。

メールの頻度には強弱が大切です。

 

メールの頻度で重要なポイントをまとめます。

  • メールの頻度は強弱が大切
  • メールで引きつけて、メールで遠ざける
  • 相手の返信メールによって頻度は変わる
  • 自分から毎日メールを送るのは控える
  • 返信メールの内容で好感度をチェック

今すぐ運命を変える!

たった3つのステップとメールで片思いの女を落とす恋愛技術

メールテクニックの詳細はこちらから!

片思いのメール

片思いの時のメールは、付き合っている時のメールとは全く違います。

大好きな彼に好きになってもらうためには、片思いのメールの送り方があります。

片思いから両思いになるためのメールの送り方を紹介します。

 

メールの内容

毎日、朝晩挨拶のメールを送る人がいますが、片思いの時には避けた方が良いでしょう。

重く感じてしまう場合が多く、適度に抑えた方が好感を持たれます。

 

メールの長さ

メールの文章の長さは特に気にする事はありません。

伝えたい事を自分なりの言葉で伝えましょう。

ただ、短すぎるのは相手に好感がないと思わせてしまう場合があるため避けましょう。

 

返信メールのタイミング

メールのお返事を書くのは早い方が良いです。

あなたの仕事や勉強に支障がないように素早く返信しましょう。

返信メールに慌てる必要はないので、メールの内容を確認してから送信する事が大切です。

 

メールでの絵文字

相手の好みによりますが、極端に多くなければ問題ありません。

キャバ嬢のように絵文字やデコメを多用してしまうと、引かれる場合があるため適度に使いましょう。

 

片思いのメールで重要なポイントをまとめます。

  • メールの内容は重くなりすぎないように
  • 朝晩の挨拶メールは一般的に避けた方が良い
  • メールの長さに拘らず、気持ちを伝えましょう
  • 返信メールは早い方が好感を持たれます
  • メールの絵文字は適度に使って女の子らしさをアピール

今すぐ運命を変える!

たった3つのステップとメールで片思いの女を落とす恋愛技術

メールテクニックの詳細はこちらから!

メール恋愛術

片思いの彼に好きになってもらうための、メールのテクニックを紹介します。

メール恋愛術で大好きな彼を惚れさせる事ができます。

メールテクニックを最大限に生かして、幸せな彼との生活を送って下さい。

 

メールのタイトルに自分の名前を入れる

メールの件名にあなたの名前を入れてメールを送って下さい。

それだけで、相手の受信メールから一目であなたからのメールだという事が分かります。

PCメールでも携帯メールでも、件名(タイトル)が最初に目につくためあなたのメールを読んでもらい易くなります。

 

メールを短くコンパクトに送る

あまりにも長いメールは相手にとって苦痛となります。

特に携帯メールで長い文章を読むのは意外と疲れるものです。

具体的には、文字数を100〜120文字前後で送るといいでしょう。

コンパクトに用件とあなたの印象を与える事が大切です。

 

返信メールを遅らせて彼の気を引く

今や常勝手段となっている焦らしのテクニックです。

いつもは、すぐに返信メールがくるのになかなかメールが来ないと、相手の彼はあなたの事が気になってしまいます。

突然、返信メールを遅らせる事で彼から返信が来ない事を聞かれたら成功です。

その後はまたいつも通りの間隔でメールを再開しましょう。

 

具体的な内容でデートに誘う

相手にとって誘いを受け易いか断り易いかというところです。

例えば、

『今度一緒に食べに行かない?』

ではなく、

『次の土曜か日曜に一緒に食べに行かない?』

と相手に聞いた方がいい返事をもらい易くなります。

誘う時は具体的に誘ってみましょう。

 

  • メールの件名(タイトル)に一工夫
  • メールの内容を短くコンパクトにまとめる
  • 返信メールを遅らせて彼の気を引く
  • 誘う時には具体的に誘う

今すぐ運命を変える!

たった3つのステップとメールで片思いの女を落とす恋愛技術

メールテクニックの詳細はこちらから!